娘、意外な頼もしさをチラリ。

query_builder 2021/12/09
ブログ
istockphoto-1162856587-170667a

幼稚園の帰りにコケて右の手のひらをすりむいた娘。


お気に入りの“すみっコぐらし”の絆創膏を貼ったので

大事にしたくて?不便で?痛くて?


おやつのプリンを「こっちでたべる!」と

利き手じゃない左手にスプーンを持って器用に食べる。


上手いじゃないか!!としばらく見ていると、

やはり後半になるとうまくすくえなくなってきまして。


「あつまれして~(集めて食べさせて)」と言うのかと

待っていたのですが。格闘の末娘は…


スプーンをおもむろに置き。プリンのカップを左手に。

そしてぐいっと飲む!!!( *´艸`)


めっちゃ「非認知能力」育ってるな~(笑)

目的を果たすにはどうしたらいいか、

彼女なりに考えて行動してる。


…というワイルドな娘の話は置いといて(笑)


近年、保育園や幼稚園をはじめ、育児の場で注目されている

「非認知能力」ってご存知ですか?


いわゆる「読み書き計算」のような学力を「認知能力」

それ以外の社会で生きていくのに必要な能力のことを

「非認知能力」といいます。


「非認知能力」ってひとことでいっても、

めっちゃ範囲が広いわけでして。


先ほどの娘のような

「目的を達成するために考え行動する」とかもそうですし。

「相手の話をきちんと聴く」

「多様性を受け入れて引き出しを増やす」

「相手の状況を理解して待つこと」

などなど!挙げたらキリがないくらい(笑)


そんな簡単なこと?自然にできない?

…っていう大人に限って、実はできてなかったりして。

社会での生きづらさを感じていたりして。


指示待ちで自分で考えられなかったり。

ゲーム片手に相手の話を半分くらいまで聞いて

「あ~OK!わかった!」って決めつけちゃったり。

自分と違う価値観の人を偏見の目で見ちゃったり。

とにかく待てなくてイライラして。手を出す口を出す!


…ちょっとドキッとする項目なかったですか?


実は、幼少期に大人たちがどう関わるかで、

成長してからの「生きやすさ」が決まるのだそうで。


一流の大学出てても就職したらうまくいかずひきこもりとか。


そういうストレスを根本から考えていこうっていうことで

教育の場で注目されてるのが「非認知能力」なのです。


くるーるくーるで扱う「色育(いろいく)教室」は、

色あそびを通して「非認知能力」を育むことを目的としています。


もちろん、ちびっこたちも大いに学べますが、

どちらかというと親側が気付きを得ることが多いです。


「自分の価値観を押し付けてしまっていたかも」

「私、子供の話をながら聞きしちゃってた」

「いつも人の話を遮ってしまってキャッチボールできてないな」


この際に親子で「非認知能力」をアップするのもいいですね♪





記事検索

NEW

  • テンションを上げる持ち歩き用お仕事アイテム♪

    query_builder 2022/01/21
  • 効果てきめん!!魔法のコトバ。

    query_builder 2022/01/20
  • “Time Ticket”に登録しました♪

    query_builder 2022/01/19
  • そーゆーお年頃?!

    query_builder 2022/01/18
  • 娘、機が熟す?!1歳の頃の誕生日プレゼントに夢中。

    query_builder 2022/01/17

CATEGORY

ARCHIVE