大学を目指すのに“将来のビジョン”が必ずしも必要なのか?

query_builder 2021/11/14
ブログ
Photo_21-11-09-09-22-59.700

今日は、久々にゴリゴリの吹奏楽をかけてお仕事してます♪

シエナ・ウインド・オーケストラのアルフレッド・リード特集。


吹奏楽の「す」の字も知らずに吹奏楽部に入部した年に

先輩たちが丸1年かけて命からがら仕上げたその曲が

アルフレッド・リード作曲の「エル・カミーノ・レアル」。


やばい。好き❤いつかエルカミ吹きたい!!!


…という、いきなりの衝撃な出会いでありました。

自分が頑張った曲でもないのに、

聴けば懐かしいし泣ける(笑)

今でも吹奏楽で好きな曲ダントツ1位であります( *´艸`)


そんなわけで、吹奏楽の漬物と化したワタシは、

高校卒業後の進路を…となった時に唖然とします(笑)


ワタシ、将来なんのお仕事したいんだ???

っていうか何ができるんだろう( ̄▽ ̄;)


その時の興味が楽器しかないというね…。

そして特技もそれしかないという(;・∀・)


将来のお仕事につながるかんじがまったくなかったものの

ウチの親、「なんとなく」じゃ進学させてくれん( ̄▽ ̄;)

しかも音大って学費以外にも結構お金かかるのですよ…。


「中学校の音楽の先生&吹奏楽部の顧問になりたい」

…というまともっぽい夢をでっちあげ(爆)


「4大が無理なら短大でもいいから!( ;∀;)」

…と、あとに続く2人の妹たちの懸念を和らげ。


短大でも教職取れなくないけど…厳しくない?と思いますか?

実際、教職取ると楽器を吹く時間がなくなるため

入学後に教職科目を取るのやめました(笑)


え?じゃあなんのために…( ̄▽ ̄;)と思いますか?

ここで戻ります。真の目的は「アルフレッド・リード」です。


アルフレッド・リードがその大学の客員教授だったのです!

その授業を受けたい!というめっちゃ目先の目標で( ̄▽ ̄;)

ほんと何も考えてなくてすみませんってかんじでした。


でも…それもアリなんじゃないかと今は思う。


卒業から6年後にアルフレッド・リードは亡くなられているし

あとから後悔してどんなにお金を積んでも受けられない授業。

それがその後の人生の宝物になっていれば意味アリアリです。


うちの父はことあるごとに「短大しか行かせられなくてごめん」

「妹たちのために妥協してくれて感謝してる」といいますけども。


むしろ「専門系の学校出ておいて一般企業に就職なんて

意味ないじゃないか」とか言わずに好きなようにやらせてもらって

感謝ですし。めったにない大きなおねだりと思ってもらえれば。


そもそも…諦めるような夢すらなかったからね( ̄▽ ̄;)


なので、娘が進路を考える時が来たら


もちろんやりたい仕事が確定していれば

近道できる大学とか専門学校とかがあるんでしょうけど

(美容師なら美容師の専門学校とか。看護師なら看護学校とか。)

たとえ決まってなくても、後から意味が出て来ることもあるし

今やりたいことをやっちゃうっていうのもいいかも♪


…とか言っちゃいそう。夫に怒られちゃうかしら。


ちなみに…残念ながら何故か『エル・カミーノ・レアル』に

乗る機会には未だ恵まれず。

まだ夢の途中???(笑)


とりあえず、諸々バタバタが落ち着いたら、

今では気楽な趣味となった

吹奏楽を再開するところからだな。

クローゼットでクラリネットが待ってる(*^^*)







記事検索

NEW

  • 【お母さんの!】冬休み宿題。

    query_builder 2021/11/27
  • 娘、3歳視力再検査。

    query_builder 2021/11/26
  • 慣れとは恐ろしいモノよ(笑)

    query_builder 2021/11/25
  • トイトレ、なかなかな難航っぷり。

    query_builder 2021/11/24
  • 勤労感謝の日。

    query_builder 2021/11/23

CATEGORY

ARCHIVE